2018年6月3日日曜日

第一回パワエレ塾開催!


6月1日(金)に平成30年度第一回パワエレ塾を開催致しました。

スタートは今岡先生のご講演。



50名以上の皆様にお集まり頂きました。
ありがとうございます!

講演の後は、パワエレカフェです。



まずは、ブースご出展頂いた皆様、ありがとうございます。

今回のパワエレカフェの目玉は、本研究室に配属された修士1年、学部4年の学生が1ヶ月かけて作成したチョッパのお披露目と、その説明です。





1ヶ月、方針だけ言って、あとは自分で調べろ、相談しろ、考えろ、と放置していて、実は今日のパワエレカフェの彼らの展示が、私はドキドキでした。
人は、手取り足取り指導すると伸びません。
かといって放置するスタイルだと、当惑してしまう学生さんも居るので、展示も「自分たちで適当に」という丸投げ状態にして、本当はどうなるか非常に心配でした。

ですが、自分たちで、それぞれのチョッパの各要素の説明を分担し、ポスターに各自の担当部を貼り付けて、質問に応じて担当者が説明するスタイルで、非常に上手に対応していました。





学生さんの成長を見ることができたのも、このパワエレ塾を開催して良かったと思える事項でした。
何より、ご参加頂いた企業の皆様が、暖かく学生達へご指導頂いたこと、この場をお借りして御礼申し上げます。

最後に、本パワエレ塾の開催にあたり、準備から開催時のケータリング等、奔走頂いたスタッフの皆様、本当にありがとうございます!



この会合を、皆様のご支援で、より良い社会を構築できるような起点としたいと思っています。



ご関係の全ての皆様に、感謝、です!
ありがとうございました!



【講演・出版物のご紹介】
    ■出版物

  1. 「自動車用48V電源システム 欧州勢の思惑と日本企業が目指すべき技術開発の方向性」、サイエンス&テクノロジー
    アマゾンサイトはこちら
    書籍紹介ページはこちら
    紹介ページ<http://masayamamoto.blogspot.jp/2016/07/48v.html

    48V電源システムに関する現状の市場動向と技術動向を融合させて、欧州の戦略を読み取り、次世代に要求される技術を掲示する、日本初の書籍です。

  2. 「パワーエレクトロニクス回路における小型・高効率設計法 ~昇圧チョッパから結合インダクタの設計まで~ (設計技術シリーズ)」、科学情報出版
    アマゾンサイトはこちら
    紹介ページ<http://masayamamoto.blogspot.jp/2014/11/blog-post_12.html

    ※好評で売れているみたいですので(電気工学部門でランキングが4位でした!感謝です!)、アマゾンの在庫が無くなった場合、このサイトからも購入可能です<http://www.it-book.co.jp/books/017.html
    ※何度かアマゾンでは売り切れていたそうで、申し訳ございません。



パワエレ研に是非、応援のクリックを!
    ↓


2018年5月30日水曜日

(6/1)パワエレ塾に関する連絡事項


※本投稿で、場所の記載がありませんでした。下記に場所を記載した内容に改訂しております。
※こちらも改訂内容となりますが、娘は風邪をひいて、今回出席ができません。(笑)


明後日となりますが、6月1日(金)に以前案内させて頂いた通り平成30年度第一回パワエレ塾を開催致します。

1つ、連絡し忘れておりました。
下記の形で開催致します。

場所:名古屋大学NIC棟3階大会議室
参加費:無料


飛び入り参加もOKですが、できれば前もってご連絡頂ければ、椅子の準備とかが助かります。

学生もパワエレ基礎の説明用ポスターを頑張って準備しています。
沢山のご参加、お待ちしております!


今回は久しぶりに、娘もケータリングのお手伝いをしたいとのことです。



研究室一同、さらにウチは家族総出で、皆様のご参加、お待ちしております!



【講演・出版物のご紹介】
    ■出版物

  1. 「自動車用48V電源システム 欧州勢の思惑と日本企業が目指すべき技術開発の方向性」、サイエンス&テクノロジー
    アマゾンサイトはこちら
    書籍紹介ページはこちら
    紹介ページ<http://masayamamoto.blogspot.jp/2016/07/48v.html

    48V電源システムに関する現状の市場動向と技術動向を融合させて、欧州の戦略を読み取り、次世代に要求される技術を掲示する、日本初の書籍です。

  2. 「パワーエレクトロニクス回路における小型・高効率設計法 ~昇圧チョッパから結合インダクタの設計まで~ (設計技術シリーズ)」、科学情報出版
    アマゾンサイトはこちら
    紹介ページ<http://masayamamoto.blogspot.jp/2014/11/blog-post_12.html

    ※好評で売れているみたいですので(電気工学部門でランキングが4位でした!感謝です!)、アマゾンの在庫が無くなった場合、このサイトからも購入可能です<http://www.it-book.co.jp/books/017.html
    ※何度かアマゾンでは売り切れていたそうで、申し訳ございません。

    ■講演予定

  1. 6月1日:第7回パワエレ塾、名古屋大学パワエレ研究室主催
    ※パワエレにおけるインダクタの基本とパワエレコンサル、並びに学生によるポスター展示です。
    紹介ページ<http://nagoyapelab.blogspot.jp/2018/04/61.html


パワエレ研に是非、応援のクリックを!
    ↓


2018年5月25日金曜日

(6/1)パワエレ塾開催内容


あと1週間となりましたが、6月1日(金)に以前案内させて頂いた通り平成30年度第一回パワエレ塾を開催致します。

このパワエレ塾の主旨として、1つは、分野外の皆様にもパワエレというものを知って頂きたい、という気持ちがありました。
ただ、最近は専門的な内容も多くなってきてしまい、そういった皆様方のご意向を受け止めきれていない気もしていました。

従いまして、今回の3部構成となった最後のパワエレカフェでは、「パワエレってなあに?」という皆様が学べる場を用意しようと試みます。

このパワエレカフェでは、企業の皆様の出展もありますが、本研究室の学部4年生、修士1年生の学生が、パワエレ回路の基本であるチョッパについて、下記の各パーツに分けたポスターを用意して、異分野の皆様にも分かりやすく基本の”き”から説明させる準備をしています。
各パーツの一例として、

・チョッパの動作原理
・半導体とは?
・PWMって、何?
・パワー半導体の駆動方法
・インダクタの設計法
・パワエレ回路の制御法設計法
・同期整流とは?

説明する学生達も、4月に入った頃はチョッパ回路ってなあに?という状態でした。
そこから1ヶ月かけて、一生懸命学んできた成果報告会でもあります。
上手く説明できるような優秀な人材は、御社にヘッドハンティングしてあげて下さい。(笑)

敷居を低くして、皆様のご参加をお待ちしています!


今日の写真は、24日まで新潟にて参加していたIPEC 2018の様子です。



ドクター学生の石倉は、スイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL)のインダクタモデル化をやっている研究者に非常に興味を持たれていました。



同じくドクターのモスタファも楽しそうに議論していました。



ドクター学生であり、ベンチャー社長の金澤のポスターは、なぜか人を呼ぶ星の下に生まれたらしく、大盛況でした。



今回の国際会議の功労者としては、助教の今岡先生でしょう。
座長を3件対応、というブラックさを無事に乗り越えられました。



ちなみに、IPECのポスターも展示しますので、ご専門の方々も是非、お越しくださいませ!



【講演・出版物のご紹介】
    ■出版物

  1. 「自動車用48V電源システム 欧州勢の思惑と日本企業が目指すべき技術開発の方向性」、サイエンス&テクノロジー
    アマゾンサイトはこちら
    書籍紹介ページはこちら
    紹介ページ<http://masayamamoto.blogspot.jp/2016/07/48v.html

    48V電源システムに関する現状の市場動向と技術動向を融合させて、欧州の戦略を読み取り、次世代に要求される技術を掲示する、日本初の書籍です。

  2. 「パワーエレクトロニクス回路における小型・高効率設計法 ~昇圧チョッパから結合インダクタの設計まで~ (設計技術シリーズ)」、科学情報出版
    アマゾンサイトはこちら
    紹介ページ<http://masayamamoto.blogspot.jp/2014/11/blog-post_12.html

    ※好評で売れているみたいですので(電気工学部門でランキングが4位でした!感謝です!)、アマゾンの在庫が無くなった場合、このサイトからも購入可能です<http://www.it-book.co.jp/books/017.html
    ※何度かアマゾンでは売り切れていたそうで、申し訳ございません。

    ■講演予定

  1. 6月1日:第7回パワエレ塾、名古屋大学パワエレ研究室主催
    ※パワエレにおけるインダクタの基本とパワエレコンサル、並びに学生によるポスター展示です。
    紹介ページ<http://nagoyapelab.blogspot.jp/2018/04/61.html


パワエレ研に是非、応援のクリックを!
    ↓


2018年5月12日土曜日

H30大学院入学試験説明会対応


名古屋大学 大学院工学研究科では5月12日(土)に、入試説明会、並びに研究室見学会を開催しました。

ビックリするほど、多くの学生さんに来て頂きました。
本当にありがとうございます!

本研究室の伝統で、こういった運営は学生に丸投げします。
今日の私は写真係。(笑)

まずは修士1年の佐々木が、研究室の概要説明。



その後、実験デモを見せた後、実験室の見学会。



結構、熱い質問が来たので嬉しかったです。

まだ知りたいことなんかがあろうかと思います。
そんなときは、皆さんの先輩になるかも知れない、当日対応してくれた佐々木君まで、メールにて質問下さい。

sasaki.mamoru@j.mbox.nagoya-u.ac.jp

お気軽に、ドシドシ、ご質問下さいね!


・・・おいおい、そっちまで学生に丸投げかよ、というツッコミは、無しの方向で。(笑)


【講演・出版物のご紹介】
    ■出版物

  1. 「自動車用48V電源システム 欧州勢の思惑と日本企業が目指すべき技術開発の方向性」、サイエンス&テクノロジー
    アマゾンサイトはこちら
    書籍紹介ページはこちら
    紹介ページ<http://masayamamoto.blogspot.jp/2016/07/48v.html

    48V電源システムに関する現状の市場動向と技術動向を融合させて、欧州の戦略を読み取り、次世代に要求される技術を掲示する、日本初の書籍です。

  2. 「パワーエレクトロニクス回路における小型・高効率設計法 ~昇圧チョッパから結合インダクタの設計まで~ (設計技術シリーズ)」、科学情報出版
    アマゾンサイトはこちら
    紹介ページ<http://masayamamoto.blogspot.jp/2014/11/blog-post_12.html

    ※好評で売れているみたいですので(電気工学部門でランキングが4位でした!感謝です!)、アマゾンの在庫が無くなった場合、このサイトからも購入可能です<http://www.it-book.co.jp/books/017.html
    ※何度かアマゾンでは売り切れていたそうで、申し訳ございません。

    ■講演予定

  1. 6月1日:第7回パワエレ塾、名古屋大学パワエレ研究室主催
    ※パワエレにおけるインダクタの基本とパワエレコンサル、並びに学生によるポスター展示です。
    紹介ページ<http://nagoyapelab.blogspot.jp/2018/04/61.html


パワエレ研に是非、応援のクリックを!
    ↓


2018年4月27日金曜日

(6/1)パワエレ塾開催予定、他


6月1日(金)に平成30年度第一回パワエレ塾を開催予定です。
場所等はこれから抑えますが、名大のどこかになろうかと思います。

スケジュールとしては、

17:30〜18:30 インダクタとは? 〜パワーエレクトロニクス回路のインダクタとトランス〜(今岡助教)
18:30〜19:00 パワエレコンサル(ご参加の皆様&山本)
19:00〜19:45 パワエレカフェ(ご参加の皆様&名大PE研修士・博士学生)

の3部構成を考えています。
もちろん参加費無料です。

第一部は、この4月から本研究室に助教として着任された今岡先生のご講演。
電気系以外の方にも分かりやすく、パワエレ技術のコア部であるインダクタに関して解説頂きます。

下記写真が、着任日の今岡先生。



分かりにくいかも知れませんが、久しぶりに今岡先生に会って、娘が少し嫌がっています。(笑)


第二部は、パワエレ塾の皆様の参加型企画です。

パワエレ塾前日までに、パワエレ業界にご興味がある異分野業種の方は、是非、ご連絡下さいませ。
異業種の皆様には、「どこに使えるか分からないけど、我が社のイチオシ技術は、コレです!」と、この時間を使ってプレゼン頂きます。

私はその場で、他の参加者の会社様とご発表者の技術が連動すれば、こんな市場が取れそうだ、というコンサルを行います。
また、他のご聴講の皆様のアイデアも、どんどん出してもらって、ご参加頂いた皆様を繋げていきたいと思っています。
特許化の際は、ご発表者、繋がる企業様、アイデア出してもらった方の3者で、と考え中です。
(このあたり、本学知財専門家に確認します)


第三部は、いつものパワエレカフェも開催します。

これまでは皆様方のご所属が分からなかったので、今回は皆様の名札を用意致します。
ですので、ご参加頂く方は、ご参加意思をメールにてご連絡下さいませ。

また、当日の展示等、ご企画の方はご遠慮無くご一報下さいませ。
ブースを用意致します。



写真は昨年12月に開催したパワエレカフェの様子です。

本学の修士・博士学生のポスター展示も行う予定です。
是非、ネチネチいじめてやって下さい。(笑)
(もちろん、このアナウンスは彼らに言っていませんので、このブログを見て学生達は戦慄しているはずです。(笑))

この様に、挑戦的な企画を色々と用意しておりますので、是非、ご参加下さいませ!
(場所等の詳細が決定したら、再度、本ページにてアナウンス致します)


今、国内でもこの様な、業界を教育によって支えようとしている機運が高まっています。
本研究室ベンチャーのパワエレアカデミーが関わっている下記のような企画もございます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★難しい数式に頼らず、直感的に回路の出力波形を予測するトレーニングを実施
集中講座「基礎パワエレ回路の速習法」
2018/5/25(金) 10:00-18:00(名古屋)
https://www.sotuu.net/pwel/seminar180525.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★制御の基礎を最初から学びたい人にお勧めです
「チョッパ回路の直感的攻略~トポロジ構成法と制御の基礎~」
2018/5/18(金) 10:00-18:00(名古屋)
https://www.sotuu.net/pwel/seminar180518.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

パワエレ業界、盛り上げていきましょう!


【講演・出版物のご紹介】
    ■出版物

  1. 「自動車用48V電源システム 欧州勢の思惑と日本企業が目指すべき技術開発の方向性」、サイエンス&テクノロジー
    アマゾンサイトはこちら
    書籍紹介ページはこちら
    紹介ページ<http://masayamamoto.blogspot.jp/2016/07/48v.html

    48V電源システムに関する現状の市場動向と技術動向を融合させて、欧州の戦略を読み取り、次世代に要求される技術を掲示する、日本初の書籍です。

  2. 「パワーエレクトロニクス回路における小型・高効率設計法 ~昇圧チョッパから結合インダクタの設計まで~ (設計技術シリーズ)」、科学情報出版
    アマゾンサイトはこちら
    紹介ページ<http://masayamamoto.blogspot.jp/2014/11/blog-post_12.html

    ※好評で売れているみたいですので(電気工学部門でランキングが4位でした!感謝です!)、アマゾンの在庫が無くなった場合、このサイトからも購入可能です<http://www.it-book.co.jp/books/017.html
    ※何度かアマゾンでは売り切れていたそうで、申し訳ございません。



パワエレ研に是非、応援のクリックを!
    ↓


2018年4月22日日曜日

新大学院生のための研究室見学会開催予定


名古屋大学 大学院工学研究科では5月12日(土)に、入試説明会、並びに研究室見学会を開催致します。

本研究室にご興味がある方は、是非、足をお運び下さいませ。

ちなみに、以前に紹介した本研究室までの道案内を参考にご来学頂いても、途中の道が現在工事中でたどり着くことができません。

従いまして、下記の図の様に、本山駅を目指して北上し、外側から最初の小さな門を入って頂き、先端研へアプローチ頂くのがよろしいかと思います。
(赤いラインに沿って進んで頂ければ)



見学会では、何をお見せするかは、ウチの修士1年と学部4年の学生さんが企画してくれます。
皆さん、是非、お楽しみに!

#ちなみに、上記の企画案は、まだ彼らには伝えておりません。
#このブログを見て、衝撃を受けているハズ。(笑)


今日の写真は、先日撮影した桜と大学と愛車。



以前は車高を落としていましたが、車検と名古屋の坂道対応のため、車高を純正に戻しました。

街乗りでの乗り心地は改善しましたが、その分、何か大切なものを失った気もしています。(笑)


【講演・出版物のご紹介】
    ■出版物

  1. 「自動車用48V電源システム 欧州勢の思惑と日本企業が目指すべき技術開発の方向性」、サイエンス&テクノロジー
    アマゾンサイトはこちら
    書籍紹介ページはこちら
    紹介ページ<http://masayamamoto.blogspot.jp/2016/07/48v.html

    48V電源システムに関する現状の市場動向と技術動向を融合させて、欧州の戦略を読み取り、次世代に要求される技術を掲示する、日本初の書籍です。

  2. 「パワーエレクトロニクス回路における小型・高効率設計法 ~昇圧チョッパから結合インダクタの設計まで~ (設計技術シリーズ)」、科学情報出版
    アマゾンサイトはこちら
    紹介ページ<http://masayamamoto.blogspot.jp/2014/11/blog-post_12.html

    ※好評で売れているみたいですので(電気工学部門でランキングが4位でした!感謝です!)、アマゾンの在庫が無くなった場合、このサイトからも購入可能です<http://www.it-book.co.jp/books/017.html
    ※何度かアマゾンでは売り切れていたそうで、申し訳ございません。

    ■講演予定

  1. 4月25日:平成30年度 電気学会中国支部 特別講演会「電気はクルマから飛行機へ ~欧州における航空機電動化技術最前線とその市場可能性~」、平成30年度 電気学会中国支部 特別講演会主催
    ※欧州の次世代航空機への取り組みを紹介します。
    紹介ページ<http://nagoyapelab.blogspot.jp/2018/04/blog-post_6.html


パワエレ研に是非、応援のクリックを!
    ↓


2018年4月11日水曜日

研究室の技術補佐員さんを募集!


名古屋大学パワーエレクトロニクス研究室では、下記の書類の通り、技術補佐員(秘書)さんを募集しています。



詳細は下記にPDFファイルとしてアップしております。
(クリックされますと、PDFファイルが開きます)

https://nuss.nagoya-u.ac.jp/s/MealnSO3koc1xsX

専門性のある方も歓迎ですが、秘書さんのお仕事も足りないので、秘書さんとしての採用でもOKです。
研究室メンバーは皆、良い人ばかりですので、楽しくお仕事できると思います。

是非、ご応募ご検討下さいませ!


今日の写真は、8日に開催された沖縄拳法空手道の昇級審査で合格した人、お世話になった人の集合写真です。



晴れて昇級できました!
沖縄拳法での昇級が今年の目標でしたので、4月にして、既に燃え尽き状態です。(笑)

研究室メンバーになれば、この伝説の古流武術も学ぶことができますよ!

・・・まぁ、誰も興味を示してくれませんが。(笑)


【講演・出版物のご紹介】
    ■出版物

  1. 「自動車用48V電源システム 欧州勢の思惑と日本企業が目指すべき技術開発の方向性」、サイエンス&テクノロジー
    アマゾンサイトはこちら
    書籍紹介ページはこちら
    紹介ページ<http://masayamamoto.blogspot.jp/2016/07/48v.html

    48V電源システムに関する現状の市場動向と技術動向を融合させて、欧州の戦略を読み取り、次世代に要求される技術を掲示する、日本初の書籍です。

  2. 「パワーエレクトロニクス回路における小型・高効率設計法 ~昇圧チョッパから結合インダクタの設計まで~ (設計技術シリーズ)」、科学情報出版
    アマゾンサイトはこちら
    紹介ページ<http://masayamamoto.blogspot.jp/2014/11/blog-post_12.html

    ※好評で売れているみたいですので(電気工学部門でランキングが4位でした!感謝です!)、アマゾンの在庫が無くなった場合、このサイトからも購入可能です<http://www.it-book.co.jp/books/017.html
    ※何度かアマゾンでは売り切れていたそうで、申し訳ございません。

    ■講演予定

  1. 4月13日:「世界のEV(電気自動車)シフトに備える!」セミナー、S&T出版様主催
    ※EVシフトに伴う最新技術動向を紹介します。
    紹介ページ<http://nagoyapelab.blogspot.jp/2018/03/413ev.html

  2. 4月18日:TECHNO-FRONTIER技術シンポジウム「電源システム技術シンポジウム」、日本能率協会様主催
    ※我が国の電機業界が目指すべき方向を示唆させて頂きます。
    紹介ページ<http://nagoyapelab.blogspot.jp/2018/03/418techno-frontier.html

  3. 4月18日:TECHNO-FRONTIER技術シンポジウム「EMC設計・対策技術シンポジウム」、日本能率協会様主催
    ※EMCのフロントローディングの考え方を紹介します。
    紹介ページ<http://nagoyapelab.blogspot.jp/2018/03/418techno-frontier_15.html

  4. 4月25日:平成30年度 電気学会中国支部 特別講演会「電気はクルマから飛行機へ ~欧州における航空機電動化技術最前線とその市場可能性~」、平成30年度 電気学会中国支部 特別講演会主催
    ※欧州の次世代航空機への取り組みを紹介します。
    紹介ページ<http://nagoyapelab.blogspot.jp/2018/04/blog-post_6.html


パワエレ研に是非、応援のクリックを!
    ↓